スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月最初のネタ↓

8月に入った今日も快晴で暑い一日でした。
そして8月最初のネタは昨日、磯採取で採取してきた魚たちのネタです!!



スーパー過密水槽!!淡水のネオンテトラ水槽のようになってます(^_^;)
稚魚は安定しないので、いつの間にか数が減ってしまうんですが…。
でも白濁りは完全克服出来ました。
では採取してきた魚たちを紹介↓



まずはシコクスズメダイというモノクロのようなスズメダイです。
性格は同種間では小競り合うくらいで、他の魚たちを追い回す事もなく普通?だと思います。
地味なのでショップでは滅多に見ないですね、白黒ハッキリしていて、
私は好きなスズメなんですけど(笑)
基本的に単独行動で採った場所も、それぞれ別の岩陰です。



続いて海水水槽ではお馴染みのホンソメワケベラの幼魚。
同種ではペア以外、喧嘩が絶えない単独飼育が基本で有名ですね!!
ではなぜ、わざわざ2匹入れたかというと!?
県産のホンソメワケベラは比較的強いのですが、幼魚期は安定せず、やはり水槽環境によっては県産でも数日後には☆になってしまう事があるので
保険的な感じで2匹にしました。
今のところ、物が多い水槽(笑)なので2匹それぞれ離れているので喧嘩はなく穏やかです!!



さっそくマジリアイゴの体をクリーニングして気持ち良さそうでした(^-^)/
しかしホンソメワケベラは大人になると他の魚をかじる癖があります。
特に底で生活するハゼや、動きの遅い種類には厳しいかもしれません(^_^;)
以前にもホンソメは入れてましたが、キンセンイシモチのヒレをボロボロにしたので海にお帰り頂いているんですよね~。
相性が合うのは大型になる種類だけなんでしょうかね。



最後にゴマチョウチョウウオの幼魚です!!
こいつは、ツノダシの幼魚を追っかけていたら、たまたま網に入ったんですよね(笑)
トゲチョウやアケボノチョウなどと一緒に、チョウチョウウオmixでショップでたまに混じっているかもしれません。
マジリアイゴと同じような体色ですね!!
チョウはなかなか餌付いてくれず、うちでは失敗する事が多いんですよね(-_-;)
前回のチョウハンもダメでしたし…。



チョウハンよりは餌付き易いみたいですけど、案の定またブラインシュリンプすら食べてくれません!!(ToT)
痩せてはいないので、いつの間にか餌付いてくれてればいいのですが~。
性格はトゲチョウよりは温和だそうですが、ペア行動しかしないみたいなので
同種、近い種類では強いのでしょうね。
色が似ているヤマブキスズメには背びれを向けて威嚇してます。





最後にデバ稚魚達を。
マジリアイゴがデカイので、イワシのように固まって泳いでます!!
そういえば、水族館でよく見る大水槽のイワシは食べられてしまうのを分かっていて
ダイナミックに見せるために入れているみたいですね。
うちはサザナミハゼがデバ稚魚を狙っています((((;゚Д゚))))
完全にベントス性かと思ったんですが、雑食のようですね!!

水槽内でも意外と魚たちの知らない事を知ったり出来るので、やっぱり飽きないですね~♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。