スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメ幼稚園が開園!!

7月になって、沖縄は盛夏シーズン真っ只中になりました。
毎日毎日暑いし、予報は雨マークあってもスコールすらありません…。
この時期は夜7時半になって、ようやく日の入りとなります。
本土とは約1時間の時差があるので、7時で夕方の雰囲気になんですね~。
今月から9月まではビーチの遊泳時間も朝8時から夜7時までとなり、本土では味わえない南国空気がムンムンですよ!!
本土の皆さん、ぜひ沖縄の夏を味わいにきてくださいね~(^-^)/

さて、表題の件ですが毎年この時期になると、我が家の水槽は様変わりします。



毎年恒例のスズメダイ幼稚園が開園しました。
キンセンは何度も孵化に失敗してしまったので、これを機に海に返してきました。
自然の海なら孵化も成功するでしょう!!
そして昨日の休みに南部にあるリーフへ魚採取へ向かいました。
この時期、大潮のリーフ内は稚魚達の楽園です(*´Д`)



今回採取してきたのはデバの稚魚と、ニセクラカオスズメの稚魚たちです。



大人のデバは以前に既に返していたので、ヤマブキとクラカオスズメ以外はみんな子供達になりました。





肉食系がいなくなったので、こんなに小さくても食べられてしまう心配はありません。
まぁスズメダイなので追いかけっこは避けられませんね。

これでスズメダイ類はデバ、ルリ、ロクセン、レモン、ヤマブキ、クラカオ、ニセクラカオ、クマノミ、オキナワスズメの9種になりました。
なんかキリが悪いから、あと1種なんか捕まえてきたいですね(笑)
もちろん、これだけいるので、大きくなるにつれて海へ返していくので
育つまでの約1年ほどの短い飼育の楽しみです。



そしてサザナミハゼという、ミズタマハゼやオトメハゼに似たハゼの採取出来ました。



こいつはアハチハゼと同じく、ベントス食と遊泳性があるハゼの仲間で、よくホバリングしている姿が見られます。
またアカハチより臆病ではないので、飼育は難しくないと思います。
ただ、よく穴を掘るのでレイアウトを崩してくれるんですよ(;´Д`)
いきなり重ねてあるブロックがゴトっと落ちてきます…。
気をつけないと底が割れてしまいますね(汗)

次の大潮で何か10種目のスズメダイを採ってこようと思います~。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。