スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オニハタタテダイ

アクアリウムやっている皆様には、お馴染みのハタタテダイ。
チョウチョウの中でも丈夫で餌付き易く、アクアショップでも幼魚が販売されていて、
ホンソメワケベラと同様、クリーニング行動をするお魚で有名ですよね★

ここ沖縄でも何処にいっても必ずいて、釣りでは餌獲りで参ってしまいます(;´д`)
特に夕方になるとヒラヒラ~スイスイ~っと水面から夕食中の群れの姿が撒き餌に群がっている姿が(--;)
そんなハタタテダイにも種類があって、沖縄では普通のハタタテダイの他に
オニハタタテダイという種類がいます。
数は少ないですがその名の通り、ハタタテダイよりデカイ!!とにかくデカイ!!
かなり大型になり名かには30cm近くになるものも(@_@)
ウキ釣りでは稀に針にかかって色んな方向へビューっと走ってくれ強い引きが味わえます(笑)
水面近くにくるともう諦めました('A`)っと落ちる凧のようにクルクル回って姿を表しますw
形はハタタテダイですが、オニハタタテダイの方が縞模様がよりハッキリして、顔にも特徴があります♪
どちらかというと顔はツノダシに近いかもしれません。



ハタタテダイとの比較♪
…写真撮るのヘタクソで見辛くてすみません(--;)
ハタタテダイより、より南国っぽさがあり是非、水槽に入れてみたい種類ではありますが
釣りで採取する生体は殆どが成魚で我が家の水槽では狭すぎるでしょうねf(^_^;
今日は珍しく少し小型が釣れたんですが、やっぱりデカイ…
いつもはもっとデカイので、このくらいなら…と迷ったんですが
後に釣れた普通のハタタテダイの成魚と横に並んだら、その大きさも一目瞭然。
やっぱり無理か…と撮影したあとは海にお帰り頂きました(ノд`)



そして水槽にはハタタテダイw
トゲチョウは昨日採取してきましたが、狭そう…(--;)
やっぱり60cmでチョウの成魚を飼うには無理かぁ~
暫く様子みてダメそうなら白点にかかってしまう前に海に帰します(ノд`)

ハリセンボンとスズメは相変わらず白点…
いくら天然海水とはいえ水槽が安定してない証拠ですね_| ̄|〇
ハリセンボンは白点にかかり易い種類でもありますし…。
次の休みに薬買ってくるから頑張ってー(;o;)
ただ、オバケインコはなんともなさそうです。
クリルももりもり食べるようになりました★
関連記事
スポンサーサイト
コメント

No title

採取で立派な魚が飼えて羨ましいです♪
海でハタタテダイが泳ぐ姿見たいなぁ~(*^▽^*)

じゅんじゅんさん

釣りで採取できるチョウチョウは立派な成魚が多いので
我が家の狭い水槽ではなかなか難しい事が多いです((T_T))

でも、海を群れで泳ぐ姿は引かれますね★
漁港へいくとチョウチョウとハタタテダイが混ざって泳ぐ姿が目に出来ますが
珊瑚礁のリーフ内ではトゲチョウ、ハタタテダイは全く見ない不思議ですf(^_^;

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。