スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新人にくっついていた招かざるもの。

先日の釣りで新しくテンジクダイの仲間が新入りで水槽に入りました♪



メタリック調で、キンセンと同じように目がややブルーに光り、胸に斑点が特徴的な
スミツキアトヒキテンジクダイという長ったらしい名前のテンジクダイです!!
アトヒキテンジクダイ系の仲間で、珊瑚礁の周りに少数で群れて生息しております。
この子は本当にスレに弱く釣り上げてもたついていると、あっという間に瀕死状態になってしまい、持って帰る事が難しいです(´ー`A;)
良く釣れる種類でもないので、釣り上げたら針をすぐさま外してバケツに入れないといけないので手際の良さが勝負です( ̄^ ̄ゞ
幸い針掛かりも浅かった4匹釣れた中で2匹は生存してくれ、水槽に入れる事がですが出来ました!!

1度水槽に入れて慣れてしまえば、比較的丈夫ではあるんですが
なかなか餌付かないんですよねー
何度か飼育挑戦しますが、頑なに拒食します(;´Д`)
案の定、今回もまだ拒食中ですが段々慣れてきたのかクリルをあげた時に口元へ匂いを嗅ぎにやってくるようになってきました。



あとは、そこにパクッとやってくれれば良いのですが!!
しかし2匹のうち1匹の口がなんかおかしい。
口がやたら膨らんでいて、何かくわえているような感じ。
最初は口にリムフォでもついたかなーと思っていて、口の中をよーく見ていたら、

・・・ん?あれ?!
げっ!!なんかついてる・・・これはもしや・・・。

っと思って網でとっ捕まえて口の中を見てみたら、やはりいました。
江戸時代など、昔は縁起がいいと言われていたらしいんですが、
観賞魚にとっては招かざるものです!!

その名もウオノエ、別名タイノエ。
グロテスクなので正体画像を知りたい方はヤフーなどでお調べ下さい┏oペコ
フナムシやコクゾウムシ系です(;´Д`)
口の中にいるので魚の餌になると思いきや、その逆で魚の舌に寄生して栄養分を吸う、立派な寄生虫です。
寄生された魚は舌が溶けていってしまい、餌が食べれなくなってやがて死んでしまいます。

このウオノエは珍しいものではなく、スーパーや鮮魚店で売られるさばかれていない鯵、鯖、鯛など海水魚に稀にくっついてます。
もちろん気付かず人間が食べても、人間の舌に寄生する事はなく無害です。

で、このままだと駄目なので淡水浴と共に駆除!!
口をあけてピンセットで引っペがしました。
ついでにマジリアイゴがリムフォ気味だったので、淡水浴させてリムフォがついてる所を綿棒で擦りとってあげました。



キンセンイシモチはそろそろ産卵期に入るんですが、うまくペアが出来ず
最初はペアになってた子達も小競り合いを始めたので婚活失敗か、雄同士だったか・・・
マウスブリードが見たかったんですけどね~



目のまわりの青みが強くなって、婚姻色はバッチリなのに~。
そういえば、今日ちまちま減ってしまったデバを追加しました。
その写真は次のブログでアップ致します(^_^)/~~
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。