スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銅イオン治療終了!!

一昨日で銅イオン治療を終え、昨日は換え水して白点治療は終了しました。
どの魚もすっかり白点はなくなり、綺麗な魚体が戻りました♪





一番酷かったヒメアイゴ、マジリアイゴもご覧の通り!!
白点は全くなくなり、食欲も今では取り合うほど1番良く食べる奴らです。





こちらは飼育一年以上のサラサハゼとヤマブキスズメ。いままでどんな環境でも平然としてる古株です。
この子達に白点が付き始めると蔓延し始めているサインになります。
今回、ポツポツ付き始めていたので危なかったです(^-^;A
もちろん、今は全くついていません。



ルリスズメと、先程は成魚のヤマブキでしたが、こちらはまだ子供のヤマブキ。



ルリスズメと、ニセクラカオスズメ。
こいつらもタフですね~、さすがスズメダイ。
去年のシュノーケルで採ってきたんですが、どんなに水質が悪くなっても弱りません(´∀`)
しかもルリスズメって飼い慣らすと同種、別種関わらずイジメ問題があって
あとあとの問題児として隔離されたりするんですが、
沖縄県産のルリスズメって何故かイジメ少ないんですよ〜!!
個体差なのかもしれないんですが、今まで採ってきたルリスズメの殆どが大人しいので
地域性の性格なんでしょうか?
採る地域によって同じ種類でも色や性格が違う事って良くありますよね。
ルリスズメもそれに当てはまるのかもしれません。
今までシュノーケルで採ってきたルリスズメでイジメに困った事が本当にありません。
写真のように他のスズメ達には全く興味をしめさず、
逆に比較的大人しいと言われるクラカオやヤマブキ達に寝床を追い出されてしまっています(^_^;
この大人しすぎる性格のせいか去年の夏には10匹捕まえてきて水槽へ入れていたんですが
段々、数を減らして写真の2匹のみになってしまいました(´・д・`)
この子らも、また夏に採ってこないとですね〜。
やはりルリスズメはいるのといないのでは、水槽の彩りが全く変わりますね♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。