スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点治療にリスクは避けられない・・・。

白点治療を開始すると、必ず発生するのが魚の飛び出し事件、一夜干し事故。



今回やってしまったのは、こいつです。
ヤエヤマギンポ・・・去年シュノーケルで採取してきて以来、ひたすらブロックについた苔を掃除してくれていた奴です。
水槽に姿がなく、まさかと思って水槽周りを見たらキャビネット裏で一夜干しになって見つかりました。。。_| ̄|○
ギンポ類は水槽に薬品を入れるとビックリして必ず飛び跳ねます。
飛び跳ね防止にガラスフタを側面にきっちりくっつけているんですが、
どうしてもフィルターポンプやスキマーとかファンを取り付けている場所は隙間を開けなければいけません。
そんなフタの切れ目や僅かなを隙間を狙い見事なジャンプ。前回はカエルウオでしたし・・・。
フレームレス水槽は外観は綺麗なんですが、フレームがないので飛び出し事故とは切ってもきれない運命ですね。
普段の日でも時より水槽周りを掃除すると、何だっけこの魚・・・ってくらい干された死骸を見つけます(;´Д`)

苔取り貝達は全滅するのは覚悟してましたが、予想外のヤエヤマギンポまで失ってしまいました。
立派な鬣が気に入っていたのに(´;ω;`)
苔取り貝もヤエヤマギンポも、また夏になったら採取してきます・・・_ノ乙(、ン、)_
しかし、全体的な白点は回復傾向で、一番ひどかったアイゴ達もポツポツと見られる程度にまで減ったので
銅イオン治療も後少しといった所です!!



食欲は衰えず増すばかりなので体力は有り余っているくらいだと思います。
購入当初、紙ペラのようにペラペラだったマジリアイゴも少し太ってきたように感じます!!
クリルやフレークの他に、藻食を助ける為に百均で買った乾燥ワカメを時より与えて、
藻食に偏る種類特有の餌は食べれど痩せてしまう傾向を改善します☆彡



サザナミハギやスズメダイ達も突っついて、食べ残しはヤドカリが片付けてくれるので
みんな植物質をとれて一石二鳥です\(^o^)/



アイゴ達はヤスリ状の歯で噛み切って食べてます。
完全肉食のテンジクダイ達は流石に食べませんが(^-^;A

そして、昨日は釣りに行って新しく仲間入りした子が一匹います!!



目が大きくパッチリした、アヤメエビスというイットウダイの仲間です!!
夜行性なので、サンゴ礁で有名なウケグチイットウダイのように日中はほぼ岩陰や岩穴に隠れてます。
ただ慣れると水槽内では日中でも泳ぎまわって餌も水面まで上がってきて食べてくれます。
この子も肉食なので基本はクリルにしか餌付きませんが、丈夫で飼育しやすい種類です。
前から夜釣りでちょいちょい釣れて持って帰ってくるんですが、
何せ小魚を捕食する肉食なため、夏にスズメダイ保育園状態になると夜に寝静まった稚魚達を食い荒らすという悪さをするので
中々長期飼育はした事がありません(^-^;
今回も夏になったら海へ返す事になるんだろうなーと思いながら、その期間大事に飼育してまいります!!
とりあえず、まだ水槽に入れたばかりのため岩陰から出てきさえしないので
慣れてクリルを食べてくれるまでは時間がかかりそうです(´・д・`)
関連記事
スポンサーサイト
コメント

飛び出しは防がない!?

お久しぶりです。ヤエヤマギンボ、残念ですね。
ベラ、ジョーフィッシュ、ギンボ、ゴンベ、どうしても飛び出しますね。
蓋をしていても僅かな隙間から飛び出てしまいます。
ジョーフィシュッ等は、蓋を押し上げる力持ちです。
フレームレス水槽では、外部装置を使う限り、完全密閉は出来ませんから、
悩ましいところです。
アヤメエビス、綺麗な魚ですが、肉食ですか!?
ウチの水槽では飼えそうにないです。

たー坊様

アヤメエビスは夜行性で夜になると小魚や甲殻類を捕食します。
口に入るサイズの稚魚は食べてしまうかも(^-^;A
でも、チョコチョコ泳ぐ姿や岩影からそ〜っと外の様子を伺っては、ひゅっとまた隠れる姿は愛らしいんですよ♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。