スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外の台風!!

予報では台風15号、沖縄本島は暴風域からそれる予想で交通機関は止まらないと思ったので、いつも通りに朝起きたらビックリ!!
暴風域に入ってバスもモノレールもまさかの運休…予想外でした(;´Д`)
慌ててタクシー会社に電話するも到着まで1時間はかかりますと言われ、
仕方なく会社に遅刻の連絡を入れ、ビショ濡れ覚悟で通勤途中でタクシーを拾いに出勤しましたが
普通に暴風でした(笑)



直撃はしなかったけど、ギリギリ暴風域に入ってしまったようです。
会社の前でタクシー降りようとしても風圧で車のドアが開かないという…(^_^;)
直撃が予報されれば休みだったのに~!!とか思いながら仕事しました…(笑)
しかし、帰る頃には台風も去っていたので良かったです。
石垣島の方は被害大きく、暫く平常通りにはいかないでしょうね~。
沖縄の台風名物?車がひっくり返る被害が凄いようです。

まもなく沖縄の台風シーズンは過ぎて、9月に入ると本土が台風シーズンになりますので、
どうかお気を付け下さい。

話は変わって以前に制作した飾りサンゴが真っ白で無機質な色だったのが少しづつ苔がつき始めて
ナチュラルな色になってきました。



魚たちも慣れて隠れ家や寝床にしています。
デバスズメ達も飾りサンゴの周りで群れるようになって、思惑通りにいってくれたようです!!



まだ全然白いのですが、苔が付き始めたのは水槽に馴染んできた証なので
ほっとけば周りのブロックと同化するでしょう!!

やはりヤリカタギはクリルとブラインシュリンプに反応していた最後の1匹も駄目だったようです…。
今度は餌付いてくれると期待大だったんですが(ToT)
チョウは餌付きやすい種類意外は我が家では無理だと、もう諦めましょうね。
そういえば、シコクスズメも2匹採ってきたのが、いつの間にか1匹だけになってる!
元気だったので全然気にしてなかったのですが、なにか病気だったかな?
それとも飛び出して水槽の裏で干されているか…(-_-;)
次回、フィルターのウール交換の時に水槽裏を調べてみよう…。
スポンサーサイト

ちょっとザックリいきました。

題名の件、決して痛々しい内容ではありません(笑)
サザナミハゼが毎日毎日せっせと周りから砂を運んで、自分の寝床を作るのですが…



おかげで一箇所のみ砂がてんこ盛りになっていました(^_^;)
周りのガラス底が見えてしまうくらい盛りに盛っています。。



サザナミが3匹いるのであらゆる所に砂山が(-_-;)
まぁ、ベントス性のハゼは仕方ないですね。
アカハチでさえ、砂山作りますし。
で、水換えに底砂を掃除しなきゃいけないので、ちょっと失礼してポンプをザックリ。



流れが淀んでしまっていたのか、ゴミやら食べカスやらが凄かったです…。
ザックリして、砂をならしてあげました。





スッキリ!!
寝床を潰してしまったのは申し訳ないですが、掃除しないといけないんです。
しかし、これもほんの束の間なんですけどねー。



自分の寝床を潰されたサザナミハゼくん、またひたすら砂山を作り始めました( ゚∀゚)・∵.
あんまり周りから砂を持っていかれると、組んだブロックが崩れてしまわないか心配になります…。



やはり、ヤリカタギは全然餌付いていないようで2匹になりました!!
1匹もフワフワして怪しい感じです、、、
やっぱりトゲやアケボノなどの餌付きやすいタフなチョウでないと
我が家の水槽では難しいようです。

そういえば、明後日くらいに西よりに進んでいた台風15号がクルッとUターンして沖縄にくるので、
暫く磯採集はお預けですね~(ToT)
8月中にまた行ければ良いのですが、速度が遅いみたいで何も被害がなければいいのですが。

サンセットに沈む夕日

8月も後半になり、日が沈むのが早くなってきましたね!!
本土とは約1~2時間ほど時差がある沖縄本島では19時が日の入りです。
日中はまだ真夏ですが、この時間になると涼しく感じます!!
今日は有給消化のため休みを頂いて、久しぶりに中部の方へ探索に行きました。
南部以外で磯採集が出来そうな天然ビーチを探しに~、そしてサンセットに沈む夕日を。





いつもは南部なので前方に渡嘉敷島などがありますが、浦添からの中部以北はなんの障害物もないので
海の彼方に日が沈む光景が見れます♪

東シナ海の地平線に、日が完全に沈むまでをとくとご覧ください↓



18時57分





18時58分



18時59分



19時00分



完全に沈んでいきました。
ほんの数分の間ですが、自然の天体ショーですね♪
地平線に沈み始めると太陽の輪郭が肉眼でも分かるようになります。
沖縄の西海岸側では夕日の見物人が一年中絶えないほど、美しいのだそうです。
温暖化や異常気象が騒がれてますが、そんなのを感じさせない風景ですね(^-^)/



そして今回、探索に行ったビーチ。
沖縄らしい波で浪化した岩が特長的でした!!
が、遠浅でリーフアウトまでは砂地と岩礁しかなく魚採集はリーフドロップ周辺じゃないと
リーフ内は殆ど魚達はいなさそう…。満潮だったら少しは違うかな?



場所的には適度に岩がゴロゴロしてるし、波静かでコインシャワーや自販機もあって良さそうなんですが(-_-;)
今回は潜らなかったのですが、陸から見た感じは小さなハゼやカエルウオ、巻貝などくらいしかいなさそうでした。
近くの食事屋で聞きましたが、ここは磯採集というより、潮干狩り目的で来る人達が多いようですが、
さすが北部に近いのもあって透明度も良いので、いつも行くリーフが高波などで潜れない時に
潜りにこようと思います!!

飾りサンゴ制作!!

餌付きそうで餌付かなくてペラペラになったゴマチョウがついに行方不明に(ToT)
ヨロヨロだったので、カニの餌食になってしまったんでしょうね…。
カニにやられなくても時間の問題でしたが。

しかし、なんと更に餌付き辛いヤリカタギ、ブラインシュリンプを突っつく姿が!!
これは脈あり?
食べるというより、口に含んで( ゚д゚) 、ペッとだしてる感じですが、
このまま続けていたら、食べてくれるようになるでしょうか!?
ブラインシュリンプはすぐに水質が悪くなるので、余り使いたくないのですが
ここは我慢して、暫くブラインシュリンプを与え続けてみます!!



前回、魚たちの寝床を増やすべく海岸に打ち上げられた死骸サンゴで飾りサンゴを作成したネタを少々書きました。
上の写真がそれです!!



そして、もう1つ。
土台となるサンゴ石に、死んで真っ白になった枝サンゴ等をコンクリート補修パテで思い思いにべたべた接着します(笑)
土台がガタつかないよう、重心が不安定にならないようバランスを考えながら。



作りましたは、まずは拾ってきたサンゴや土台ゆ漂白剤につけて汚れと雑菌をとり、
次にサンゴ内部の汚れと、漂白剤を洗い流す意味で鍋でグツグツ煮込みます!!

ちなみに煮込んでも出汁はとれませんよ(笑)

そして乾燥させたら、コニシのコンクリートパテという接着パテでイメージした形に組むだけです!!
パテが固まったら、念のためパテの薬剤洗い流す目的で一晩水につけます。

までまだ作成したばかりで何も付着してないので真っ白ですが、
汚れと苔がついてきて、それもギンポ達が食べるようになる頃には水槽とマッチした色合いになるでしょう。



自然界でよく見る、枝サンゴの周りにデバ達が集まる風景を作りたかったんですよね~
早速、ヤリカタギやルリ達は枝サンゴの周りに集まってきます。
デバはまだ警戒していて、余り近づきません。
上手くいってくれるでしょうか。



やっぱブロックだけでなく、飾りサンゴもあると水槽内のイメージが全然違います(^-^)/



ヤリカタギはしきりにサンゴを突っついています。
何も付着してないのに(笑)



こういう飾りサンゴは市販では中々ないので、自作ならでわですね♪
コンクリートパテはレイアウトブロックの補修や固定などシリコンでは出来ない事が出来て
生態や水質に影響も出ないので、アクアのレイアウト作りには便利な道具だと思います!!

懲りずに新チョウチョウ投入!!

立秋過ぎましたが、暦の上では。の話ですよね~。
毎日毎日、暑いしか言葉がないし...そもそも沖縄に秋なんかあるのか?
一応、11月は秋なんだけど12月でもエアコン使う日があります。
個人的には冬→初夏→真夏→晩夏→冬ですね。
連日の陽射しで海水温もだいぶ高くなって、リーフ内には高水温にも耐える魚達だけになってきました。
潮だまりは温泉です(^_^;)



外は汗が吹き出る暑さですが、海の中は熱すぎず、冷たすぎずで気持ちいいです(^-^)



夕焼け小焼けの赤とんぼ~
夕焼けはいつも同じなのに、なぜか何度見ても見入ってしまいますね。



あ、亜熱帯の沖縄には赤トンボはいません(笑)
そしてゴマチョウがペラペラに痩せ細っていますが、シュノーケルで懲りずにチョウをまたとってきて…。



恐らく、ヤリカタギの幼魚かな?
テーブル珊瑚の上で固まっていたのを捕らえました。
4匹同時に網のなかにin!!



帰って調べてみると、ヤリカタギもポリプ食で餌付き難い種類だとか…。
むー…珊瑚礁にいるチョウ達って飼育が極端に難しい種類しかいないのでしょうか…。
トゲチョウやアケボノなどの餌付き易い種類を捕りたいのですが漁港じゃないと殆ど見ないんですよね。
トゲやアケボノも珊瑚礁に生息するチョウのはずなんですけどね?
そういえばツノダシやハタタテも殆ど漁港でしか見ないですね。
彼らは珊瑚礁ってより、岩礁が好きなんでしょうか。

4匹とってきて、どの子かでも餌付いてくれないかな~なんて_ノ乙(、ン、)_

サザナミハゼもペアを作りたくて2匹足したのですが、
先住のサザナミに猛攻撃され1晩で2匹とも姿なくなってしまった(ToT)
いつの間にか減ったルリとレモンスズメも足しましたが、ルリとレモンはちゃんといるようです!!
沖縄のルリは何故か大きくなっても余り喧嘩せず、群れるので何匹入れてもバランス考えなくて良いので楽です。
レモンの方がルリより気が強いです(^_^;)

そして魚が増えた分、隠れる場所も沢山必要になるので
打ち上げられた死骸サンゴを拾ってきて飾りサンゴに工作しました。
このネタは次回のブログで書きます!!

餌付かないゴマチョウと執拗いホンソメ

前回の採取から早4日経ちましたが、
やはりゴマチョウも餌付いてくれません(-_-;)
アサリ、ブラインシュリンプを毎日入れてますが見向きもせず、
底砂やブロックを突っついているだけです…。
しかし痩せてないので残飯を食べてはいるんでしょうか?



気も強く、他のスズメ達を追い払う姿を見るので元気ではいるようですが…。



クマノミと良く睨み合っています(^_^;)
この元気なまま餌付いてくれれば安心なんですけどね~。
そう上手くはいかないようで。

そしてホンソメ幼魚なのですが、こちらも1匹さっそく行方不明に…。
昨日まで2匹の姿はあったんですけど、今日1匹しか見てません。
しかも残り1匹も何だか痩せ具合的に危なそうな感じがしますが、フレークも食べるしクリーニングもしているようです。



執拗いのかマジリアイゴが嫌がるように(;´Д`)
しかもなんか、他の魚たちのヒレをかじっているんですよね!!



ホンソメワケベラに擬態して魚の体をかじる事で有名な、ニセクロスジギンポというのがいますが、
擬態するのは成魚の時だけで、口の位置も違うので
ホンソメワケベラである事には間違いないのですが!!

執拗に追いかけて、アイゴやクマノミを突っつく姿も見受けられる困った子になってしまいました。



久しぶりに入れたので、こんなだったっけな~…と思いながら、
少し様子見します、、、。
余りにも酷いようなら海に返さなければなりませんね。

シマハギの残り1匹も行方不明になり、幼魚期はやはり安定しませんね~。
シマハギは苔掃除してくれるので、また採ってくる事にします(ToT)

8月最初のネタ↓

8月に入った今日も快晴で暑い一日でした。
そして8月最初のネタは昨日、磯採取で採取してきた魚たちのネタです!!



スーパー過密水槽!!淡水のネオンテトラ水槽のようになってます(^_^;)
稚魚は安定しないので、いつの間にか数が減ってしまうんですが…。
でも白濁りは完全克服出来ました。
では採取してきた魚たちを紹介↓



まずはシコクスズメダイというモノクロのようなスズメダイです。
性格は同種間では小競り合うくらいで、他の魚たちを追い回す事もなく普通?だと思います。
地味なのでショップでは滅多に見ないですね、白黒ハッキリしていて、
私は好きなスズメなんですけど(笑)
基本的に単独行動で採った場所も、それぞれ別の岩陰です。



続いて海水水槽ではお馴染みのホンソメワケベラの幼魚。
同種ではペア以外、喧嘩が絶えない単独飼育が基本で有名ですね!!
ではなぜ、わざわざ2匹入れたかというと!?
県産のホンソメワケベラは比較的強いのですが、幼魚期は安定せず、やはり水槽環境によっては県産でも数日後には☆になってしまう事があるので
保険的な感じで2匹にしました。
今のところ、物が多い水槽(笑)なので2匹それぞれ離れているので喧嘩はなく穏やかです!!



さっそくマジリアイゴの体をクリーニングして気持ち良さそうでした(^-^)/
しかしホンソメワケベラは大人になると他の魚をかじる癖があります。
特に底で生活するハゼや、動きの遅い種類には厳しいかもしれません(^_^;)
以前にもホンソメは入れてましたが、キンセンイシモチのヒレをボロボロにしたので海にお帰り頂いているんですよね~。
相性が合うのは大型になる種類だけなんでしょうかね。



最後にゴマチョウチョウウオの幼魚です!!
こいつは、ツノダシの幼魚を追っかけていたら、たまたま網に入ったんですよね(笑)
トゲチョウやアケボノチョウなどと一緒に、チョウチョウウオmixでショップでたまに混じっているかもしれません。
マジリアイゴと同じような体色ですね!!
チョウはなかなか餌付いてくれず、うちでは失敗する事が多いんですよね(-_-;)
前回のチョウハンもダメでしたし…。



チョウハンよりは餌付き易いみたいですけど、案の定またブラインシュリンプすら食べてくれません!!(ToT)
痩せてはいないので、いつの間にか餌付いてくれてればいいのですが~。
性格はトゲチョウよりは温和だそうですが、ペア行動しかしないみたいなので
同種、近い種類では強いのでしょうね。
色が似ているヤマブキスズメには背びれを向けて威嚇してます。





最後にデバ稚魚達を。
マジリアイゴがデカイので、イワシのように固まって泳いでます!!
そういえば、水族館でよく見る大水槽のイワシは食べられてしまうのを分かっていて
ダイナミックに見せるために入れているみたいですね。
うちはサザナミハゼがデバ稚魚を狙っています((((;゚Д゚))))
完全にベントス性かと思ったんですが、雑食のようですね!!

水槽内でも意外と魚たちの知らない事を知ったり出来るので、やっぱり飽きないですね~♪
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。