スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点終了からの新フィルター導入。

この前の痛々しい白点から一週間、銅イオン治療はさすがですね〜。
魚たちの魚体から全くいなくなりました。
やっと落ち着きを取り戻せそうです。

そんな落ち着きの中、また水槽をゴソゴソやるダメ飼い主(笑)
サブフィルターとして、エーハイムのバイオパワーを使ってたのですが、
なにせサイズがでかく水槽容量を圧迫していたのが気になってたんです…。
そこでなんとかスッキリさせたいと思ってついに新しいフィルターを購入してしまいました(;´Д`



GEXのコーナーパワーフィルターです。
エーハイムのバイオパワーよりパワーは劣りますが、容量的にはさほど変わらない気がしました。
エーハイムはかさばりまくりで、そのせいで大きさの割にろ材容量が少なくて。
コーナーパワーは1本の筒の中に入れるコンパクト仕様なので見た目よりろ材が入りました。



付属の活性炭は使用せず、キューブスポンジとボールろ材を詰めて使っています。
ほぼ物理濾過の役割です。



ワイド水槽には、もう少し大きくても良かったかな。
F3ぐらいまで発売して欲しい~。
発売されたら速攻買っちゃうよ、GEXさん。

モーターがエーハイムスキマーと同等かやや小さいんですよ…。
水流チョロチョロ…(笑)
まぁ、水流強ければ良いってものじゃないですけど。
まだ設置したばかりなので、サブフィルターとして働いてくれるかは分かりませんが、
水槽容量は圧倒的にスッキリしました!!



これでガラス面掃除とかも、少しは楽になりそう。
フィルター1つで以前とガラッと変わるもんですね。

スポンサーサイト

最後はやっぱり銅頼み

毎日暑いですね〜。
梅雨が明けてから雨一滴も降ってません…。
毎日毎日、強烈な日差しで水槽のファンも四六時中回りっぱなし。
おかげで蒸発が早くて毎日2リットルは補給させてます!!

そして魚たちも暑さでバテたのか白点蔓延…。



アイゴ達が特に痛々しいくらいになってしまいました。
こうなると淡水浴もオキシドールも効かないので、
無脊椎を取り出して銅イオン投入させました。



今のところクマノミやキンセン達は大丈夫なようです(`・ω・´)
何がきっかけだったのか、この数日で急に蔓延しだしたので焦りました。
レイアウトをほんの少し変えただけだったけど、それが原因かなー。



ビーチで拾ってきたサンゴ瓦礫を入れただけなんだけど…(´・ω・`)
せっかく水の濁りがとれて、無脊椎たちも順調に増やしていたところに
また暫く無脊椎は飼えなくなりますね(ToT)

とにかく今はこの痛々しい白点を治す事に専念します。

タフな奴らとキンセン卵

白点が増えもせず、減りもせず並行線を保ってる中、一部の魚達の粉ふきに
アクリノールに入っています。
なので水槽まっ黄色!!ついでに白点治療も合わせてオキシドールの殺菌三昧です。
流石にダブルパンチは不味いかなって思ったら、ヤドカリ・貝類も含めみんな元気Σ(゚ロ゚;)
落ち着かない過酷な水質に慣れたのかな(笑)



クマノミの稚魚達も元気でふ。



アクリノールはグリーンFゴールドなど、幅広い病魚薬の成分に入っています。
次の水換えまでに治ってくれー。
そして最近ブログネタにあがってるキンセンですが、またも産卵していました…。
頑張りますなー。

そして次こそ孵化を成功させるべく、卵のみを隔離!!
雄には申し訳ないですが、1回くらい成功させたいので…。
エアーシャワーは完璧です!!テトラの泡の出方はスポンジフィルターみたいな感じ。



隔離ボックス内がプチ洗濯機です(笑)



これがキンセンイシモチの卵です!!
雄はこれを口の中で孵化まで守るんですね。
ちゃんと受精していれば、この状態でも孵化するはずなんですが…。
今朝、産卵していたので一週間から10日ほど、このまま放置してみます。

しかし隔離ボックス二つもあると流石に水槽内が激狭です(;´Д`)

またもブリード失敗!!

順調にいっていたキンセンイシモチのマウスブリードですが、
またも失敗におわりました。
失敗したのか、孵化したが食べられてしまったのかは不明ですが、
仕事から帰ってみると雄の口には卵の姿がありませんでした。



本当、孵化目前だったで私の予想では稚魚を放出したと同時に
他の魚達に襲われたんだと思います。
親ごと隔離すると、ビックリしてブリードを放棄してしまうんですよね。
一度卵を離すと二度とくわえないので隔離も難しいです。
まだ秋まで繁殖活動は続くので、また次のタイミングで何とか対策を考えます…。



所変わって成魚以外、隔離ボックスに入れていたクマノミ幼魚2匹も本水槽へ移しました。
このくらいのサイズになれば、他の魚達に襲われる事もないと思うので!!



本水槽はちょっと流れが強すぎるのか、頑張って走ってます(笑)
小競り合いはありますがヒレがボロボロになる程ではないので良かったです。



水の濁りもかなり収まりましたが、なんだか一部の魚達のヒレが粉ふいているようで、
体を岩に擦りつけているのでウーディニウムかトリコディナの疑いが…(ToT)
またアクリノール治療になりそうです。
せっかく白濁りがとれたのに、今度は黄色い水槽を暫く見る事になるとは…。
次から次へ色々出てくると本当、テンション下がりますね。

水質も復活?

調子の悪かった水槽の濁りですが、
水換え後、だいぶ改善致しました。まだ少しモヤモヤっとしていますが、
時間が経てば更に改善していくか?また元に戻ってしまうか…。
水換えと共に外部フィルターのシャワーパイプを取り外し、
拡散パイプに戻しました。シャワーパイプは排水量を妨げている気がしたので。



クマノミもフワフワ元気です!!
イソギンチャクがなくても、餌を自分のお気に入りの穴まで持って帰って食べています(*´Д`)
その姿がなんとも愛くるしいですね♪



チビルリ達は海水を組汲んだ漁港ですくってきました。
その中に他のスズメダイ達も混じっていました(笑)
レモンスズメとオキナワスズメ。初夏の海は賑やかですね♪
次はロクセンスズメの稚魚もすくってこようと思います!!

さて、キンセンのマウスブリードですが、まだ孵化はしていません。
そろそろだとは思うのですが…



餌を食べずに頑張ってるお父さんも、流石にだいぶ痩せてきました。
一週間飲まず食わずとは…ダイエットじゃなく修行ですね!!



孵化後、雄は死ぬことなく再び餌を食べ始めるそうなのですが…
普段の中で、これだけペラペラになると心配になるレベル。
しかし今は見守るしかありません~。

そんな頑張りを無駄にしてはいけないので、先日ペットボトルで稚魚ボックス作成しましたが、
こんな程度では駄目だと思い、ホームセンターで買った隔離ボックスを改造中です。



ニッソーの隔離ボックスのシャワーパイプを真似て
家にある部品でシャワーパイプ付き隔離ボックス作成中。
本体はニチドウの隔離ボックス、その側面をハンダコテでパイプのサイズに合わせて穴をあけて、
パイプは外部フィルターで使わないシャワーパイプとL字パイプに、
ホースをぶっさして、エアーはRioに付属されているディフューザーをはめました。
外部フィルター用の内径16mmホースが丁度良くはまったのがラッキーでした!!



そのホースの接続部分と、L字パイプ部分を固定させるために、
得意のアロンアロファ・ゼリー状をベタベタに塗りたくり(笑)
形だけは上出来?ちなみに、まだ作成中なので稼働させてません。
なので、エアーが水を組み上げてくれるかは不明です(;´Д`

アロンアロファがしっかり乾いたら、1度試運転させてみようと思います。
失敗したら素直にニッソーの隔離ボックスを買います(笑)

初クマノミ!!

本日、沖縄は梅雨明けが発表されたようです。
去年よりも半月早い梅雨明けでニュースでも記録的に早いとやっていました!!
それでも雨は平年よりやや多いようです。
そう言えば梅雨入りして早々に大雨ですってブログにも書きましたね(;´Д`)
沖縄の長い長い夏がやってきました。

そして題名の件ですが、知人からクマノミを頂きました。
産卵と孵化に成功したそうで、稚魚〜成魚合わせて5匹です。
カクレクマノミとかではなく、いたって普通のクマノミです。
なんで正式な名前もクマノミ。



急な話だったので…結局、隔離ボックスをホームセンターで買いました。
そういえばアクアショップよりホームセンターの方が遅くまでやってるって事に今更気がつきました∑( ̄Д ̄;)
しかし可愛い…このフワフワ、ユラユラ泳ぐ姿が可愛いすぎる。



ショップではカクレクマノミやトウアカクマノミが主ですが、
普通のクマノミの方が派手ですね。
性格はカクレクマノミより、ややキツイようです。
この後、成魚は狭いので本水槽へ移って頂きましたが縄張りを作って近づいた別種を追い出すくらいで
ロイヤルダムセルよりは全然大人しいです!!



このクマノミ、ロイヤルダムセルと物々交換しました。
ってか、させました。

(笑)

ロイヤルが余りにも性格が悪すぎて、最近は同種だけでなく
問答無用に他の種類も追い回すのでキンセンイシモチの卵が孵化したら
ショップに引き取ってもらおうと考えてたので…。
知人も最初はそこまで性格悪いならな〜と断りそうだったんですが、

ほら、なんか新しい生態が欲しいって言ってたじゃない!!わざわざ買わないで済んだじゃん!!

と半無理矢理、説・得!!
ヤッコ水槽に入れて大人しくならないならショップ行きだはず、と言っておりました((;゚Д゚)ガクブル
あとキンセンイシモチが孵化したら欲しいというので、それも約束して(;^ω^)



稚魚は本当、着底したばかりの米粒くらい小さすぎたせいか
水質に慣れる前に☆に…。
しかし、ある程度育った幼魚の3匹と、成魚一匹は元気です!!



イソギンチャクは繁殖を目的としないなら、いなくても良いみたいです。
モフモフしてる姿も見たいですが、イソギンチャクを飼える水槽システムではないので(;´Д`)
岩だけでも許してチョンマゲ!!

ちなみにマウスブリード中のキンセンイシモチの経過ですが、
順調みたいです。オレンジだった色が黒っぽくなっていました。
こうなると孵化も間近です!!恐らく口から放つのは真夜中だと思いますので
毎朝、目が離せません。
食べられてしまう前に隔離させないといけないので…。
キンセンの稚魚の群れも華やかなので、ますます楽しみになってきました!!

ブリード失敗からの復活!!

先日、キンセンイシモチのマウスブリードを書きましたが、
あの後、失敗してしまっていました。

がっ!!

なんと再びブリードを再開していました!!



この前より口の膨らみが大きいです。
今度は失敗しないで成功する事を祈ります!!



前回、3日後には失敗しましたが、
今回は3日目にもまだ卵をくわえています。



カメラを向けると警戒しているのか、写真を撮るとわかっているのか
しっかりカメラ目線です(笑)



しかし最近、水槽の調子が悪く…写真でも分かるように濁りがとれません。
濾過装置は変えてないし、ろ材も変えてないし…

このモヤモヤっとした濁り方は確実にバクテリアの濾過が上手くいってない状態…。
何が原因なんでしょうか…。
過密飼育も以前と変わっておらず、クリアな状態だったのに(ToT)
季節の変わり目の水温変化が影響しているのかもしれませんが、
以前はこんな事なかったんですよねー。

活性炭をいれてなんとか復活させようとしてますが、
今のところ変化なしです(汗)
でも、魚達もマガキなどの無脊椎も元気なので、もう暫く放置しとこうと思います!!
それでも良くならなければ一旦、海水を全とっかえしようと思います…。

頑張るお父さん

キンセンイシモチがマウスブリードを始めて3日がたちました。
お父さん頑張ってます、本日も卵を抱え飲まず食わず!!



一応、餌には反応するんです(笑)
匂いをかぎに水面まで上がってくるんですね~。
良い匂い…食べたい…でも食べられない(ToT)って心境でしょうか?
その横目でお母さんはクリルをガッついてます。
やはり、どこの世界も母親が一番強い…∑( ̄Д ̄;)

(笑)

でも、頑張るお父さんに寄り添ってる姿は夫婦円満ですね♪
大黒柱を支えるお母さんです。



お父さんに近づいてくる他の魚を懸命に追い払っております。
自然界では産卵を終えると雌はまた別の雄とペアになって産卵をするそうですが、
水槽という狭い空感だからか?たまたま個体差で夫婦の絆が強いのか?
魚類の繁殖を目にするのは初めてなので、新発見ばかりです!!
ますます孵化が楽しみになります♪

が、

稚魚ボックスが間に合うかどうか…
昨日、徹夜でペットボトル工作しましたがボンドが乾かず…まだ水槽に入れられません(ToT)
アロンアロファべたべたに塗りたくっているせいでしょうか。
ショップで買う方がシッカリしてて手っ取り早いかな〜
でも、ここまでしたから完成させたいです(;´Д`)
出来上がったら写真載せます(`・ω・´)ノ

マウスブリードはじめました。

冷やし中華はじめました。
暑いですね!!沖縄は梅雨中盤です。
沖縄の梅雨は本土と違ってシトシトではなく、ザーッと降ってやむを繰り返します。
梅雨末期になると強い日差しも出つつ、急にザーッと降り始めるスコールのような感じになっていきます。
季節はもう夏目前です!!我が家の水槽にも初夏が訪れました。



1度は諦めたキンセンイシモチのペアがついにマウスブリードをはじめました!!
朝になると2匹がピタッと密着して体を震わしていました。



ただ、この後なかなか産卵せず失敗か…と諦めた2日後の昨日!!
一匹の口がふっくら膨れているではありませんか∑( ̄Д ̄;



ついにきました、マウスブリード!!
疑いの目でみていると、時よりオレンジ色をした卵をくわえ直す姿も見られました!!
前回もマウスブリードしましたが途中で雄がブリードを放棄してしまい孵化まで至りませんでしたが、
今回はどうなるでしょうか?
孵化までして、始めてマウスブリード成功なので
まだまだ気はぬけません。
しかし、稚魚ボックスがない!(◎_◎;)
産卵から孵化までは一週間程度…稚魚を迎えべく準備をしたいのですが
ペットショップに行く暇がなく…孵化前にペットボトルで稚魚ボックスを工作しようと思います!!



口の中のオレンジ色が見えるでしょうか?



時より雌が様子を見にきています(笑)



下顎がふっくらして、頑張って新鮮な海水を送り続ける姿が見られます。
幸い性格のキツイロイヤルダムセルも空気を読んでか攻撃してこず、ゆったりと子守をしています♪
その横でロイヤルダムセル達は毎日のように追いかけっこを繰り広げていますが(;´Д`)

しばらく産卵→孵化から稚魚の姿をブログネタにしていこうと思いますので、
お付き合い宜しくお願いしますm(_ _)m
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。