スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチリニューアル

題名の件なにがー?
我が家の水槽です。(´゚∀゚`)
立ち上げ当初から病気を繰り返して、濾過不足も気になっていたので
濾過フィルターを追加しました。
最初はシステム全部を変えようか迷いましたが…
河童のプロスキ機能は外したくなかったのと、たびたび水槽サイズに合わせたフィルターを新規購入するのは今後のリニューアル等を考えると
うーん…。って感じだったので(--;)
今あるものを使わないと勿体ないって事で、以前50cm水槽の時に使っていた
テトラのワンタッチオートパワーフィルターAT50を物置きからほじくり出して追加しました。



フィルターはパイプが水槽面積を取らないようにと、余り目立たないように両サイドへ★
濾過層へ海水を送るパイプの位置が丁度、河童のプロスキ付きフィルターと左右逆で良い感じに整理できました♪
濾過層内には下から活性炭、カキガラ、ウールの順に詰め込みました。



本当はリングとかセラミック濾材を積めたかったんですが、買いに行かないといけないので
底面フィルターのパイプを買いに行くときに一緒に買ってきます_| ̄|〇



テトラフィルターは50cm水槽のものなので単体能力は今の水槽サイズより全然小さいですが、
他のフィルターとの併用なので問題なし!!
河童のフィルターや底面フィルターが60cm対応なので少なく見積っても、
今より濾過能力は2倍になるはず。
昨日、換水を行ったのでいつもより透明度アップ♪



意外とストレーナースポンジって魚達にとっては隠れる?障害物になるからいいかなー。
スポンジの下に隠れてるつもりだろうけど、横から丸見えっていう(笑)
それに水面全体が波立つようになったので、淀む箇所が少なくなって
油膜も張りにくくなったと思います!!



今日はオバケインコ♪
んー相変わらず立派な鬣にタラコ唇(*゚д゚*)
もう人に慣れて、水槽掃除にも慣れて底砂のゴミを吸い出す時にも
こっちからどかしてやらないとホースを近づけても微動だにしなくなりやがりました(;´д`)



たまーに重い腰をあげて岩の上に乗ったり、水面まで泳いでみたりしているけど
基本、ここが定位置のようです。



毎日、餌を食べてはジーっとして…よく太らないなー。
人間にとっては羨まし杉るぜ…_| ̄|〇
こっちはメタボが気になって筋トレ頑張っているのに(ノд`)
夏までには、冬の間に備蓄wしていた脂肪を取らないと…www
スポンサーサイト

油膜除去

はいさい~
昨日の沖縄は久しぶりに半袖では涼しい1日でした
内地では雪だったんですねー。
でも、シャツ1枚で充分なんですがf(^_^;

昨日は残業で帰りが遅かったんですが、
水面の流れが悪くなってきたので油膜除去しました。
オイルのような油でなく、バクテリアの死骸や餌から出た脂、
魚の分解された糞からでた脂、剥がれた粘液などで出来たアクアリウム特有の油膜っす。
皆さんはどうしていますかー?
海水魚は水草を栽培しないから、水流やエアーをガンガンあてて拡散できるから、
余り気にしていないかもしれませんがf(^_^;
我が家ではシステムが底面と外掛けで、底面フィルターのパイプの長さが足りず
買い直さなきゃいけないんですが、なかなかホームセンターに行けずで
外掛けの水流に頼ってますが、それだと中々力不足で油膜がはって餌をやる時に、
油膜で中々沈まなくなります…。
それを改善させる為に新聞紙で油膜除去!!



インキ大丈夫?と思われますでしょうが、短時間なので全く影響はなく
もちろん水質にも影響はありません♪
1度で取りきれない場合は何度か繰り返します。
三回でほとんど除去できましたが、時間がたてば油膜復活してしまうんですよねー(;´д`)
とりあえず、除去後はこの通り★



水面の波とライトでキラキラ輝きます♪
しかし、何か良い方はないでしょうか…。
油膜取りパイプって販売されてますが、濾過槽に送り込んでウール等で除去させるので
ウールが比較的早く汚れて目詰まりするんですよねー。
油膜はたんぱく質なのでプロスキで取れるんですが、我が家のプロスキはおまけ的な感じで
本格的な高性能ではないので(ノд`)
もし対策してる方いたら、お手軽な方法ご伝授下さい~。
さて、お魚達はどうしているでしょうか!?
投薬終了して綺麗になり食欲も旺盛になったキンセイくん。



テンジクダイは群れる性格なので仲間を増やしてあげないと…(--;)
続いて、相変わらず底でボテッとしてるオバケインコ



どこをみて何を考えているのか…。
未だに全く不明です(--;)
最後にミーバイと、どアップダンダラ♪



今のところダンダラはおとないけと、お魚を新しく追加した時は要注意、要観察ですな。
シボリのシーボは岩のどっかに隠れてしまっていて、
いつものねぐらを見たら、お留守でしたー。
明かりを消したら、のそーっと出てくるかもしれません。

間が空いてしまった…。

間が空いてしまいまして_| ̄|〇
カッパーセーフの効果を記録するつもりでしたが…
仕事が忙しくてサボってしまいました
肝心の白点なんですがー



治りました、が…何故チョウ達がいないの!って?
ちょっと薬浴が追いつかなそうだったので
海に帰してあげました。
回復を待って万が一★にさせたら可哀想なので(ノд`)
白点繰り返してしまって、海水魚飼育する資格ないのかなーって思ったり…。
とりあえず投薬三回目にして真っ白だったキンセイイシモチがピッカピカになっていました(@_@)
カッパーセーフは劇薬の銅ではなく、食品添加物として殺菌で使われている銅イオンなので
硫酸銅と違って取り扱いも楽なので、海水魚飼育してる方には重宝しそうですよ♪
キンセイは食欲も回復!!今では元気に泳ぎ回って、今回も白点って何?って感じのシボリのシーボと♪
こいつは本当にタフですな。



あんだけ、白点が蔓延してたのに一切寄生されず(゜ロ゜)
そういえば、オバケインコも全く白点にならなかったなー
まぁハゼ類は河口にもいるから水質や病気には比較的強いんだけども…。
オバケインコは相変わらず岩影に隠れていて餌の時にしか顔を出さないので
写真に入ってません(ノд`)
こんど餌の時間に上手く撮れるよう挑戦してみます…。
白点も収まったので今日は改めてお魚採取に行ってきましたー。



こちらダンダラスズメダイという奴で、白い模様が綺麗です。
が、縄張り意識が強くルリスズメ並に種類とわず攻撃するそうなので
様子見て他のお魚達を余りにも攻撃するようなら海に帰す予定です…。
続きまして、可愛いのが採取できました!!



カンモンハタというサンゴ礁に住み、沖縄ではどこでも見られるハタの仲間です♪
沖縄ではイシミーバイと呼ばれて成魚はスーパーの鮮魚売り場でも見られます!!
ハタの仲間なので幼魚でも、もちろん肉食系ですf(^_^;
トビハゼ類やエビ類を入れたら、いつの間にか居なくなってハタのお腹が満腹に膨れていますw
以前、壊滅前にも飼育していたんですが体操選手のように、両ビレで岩の隙間に張りついて
愛敬ありまくりです(*゚д゚*)
ちなみに、ここはシーボのお気に入りのねぐらでございまして…。
ねぐらを取られたシーボが後ろで大口を空けて猛烈に威嚇…w



しかしミーバイは無視!完全無視!!
口でどつかれても、ヒレでペシペシされても反撃もせずシーボ完全空気扱いされてますw
(水中だから水扱い?ww)
その結果、シーボは諦めて他の岩の下に潜っていじけてしまいました。



シーボ「あー、僕のねぐらが…。でもここも少し狭いけどしっくりくるかも?じゃ、おやすみなさーい!!」

海開き~

そういえば、4月に入って沖縄は各地で海開きしてるんだったのを
まだ肌寒くて夏感ゼロなのですっかり忘れてました…。
もちろんまだ海に飛び込みたくなるような陽気じゃありません(;´д`)
飛び込んだらショック死しますww
近くにビーチあるんだけど、まだ日焼けしてる人しかいませーん



しかも、今日は雷ゴロゴロの大雨…。
せっかくの休みなのに_| ̄|〇
まぁ4月の沖縄は梅雨の走りのような天気が続くんですけど(--;)
早く夏になって、シュノーケルしながら、お魚採取したーい!!

話は飛んで我が家の水槽…白点祭り状態に戻ってしまいました((T_T))
一応オキシドール療法をやってたんですが、もう確実に白点を壊滅させる方が良さそう。
なので、余りやりたくなかった銅イオン治療開始です。
アクアテックというメーカーのカッパーセーフを知ってる方いますでしょうか?
最近発売されたもので、まだ知れわたっていないアクア用薬品だと思います。
このカッパーセーフはパッケージ通り海水魚専用で、しかも比較的安価で買える銅イオン治療薬★
もう海水魚の白点と言えば銅!!と有名なので、この薬品は結構人気が出るかもしれません♪



海水魚の白点病に確実な効果がある反面、サンゴや無脊椎飼育水槽は完全NG、濾過バクテリアも死滅してしまい
生物濾過は全く効かなくなるデリメットもありますが…まずは、お魚さん達を救出しますf(^_^;
この薬品の取り扱いは下記の通り↓



粉末状で50リットの水に対し10gで硫酸銅0.8ppmと同じ濃度の銅イオン水が出来上がります。
付属の計量スプーンがついていて、我が家は60cm水槽、水量は約55~57リットルなのでカップ一杯か少なめで丁度良いと思います。
本当は銅濃度試験薬があればいいのですが扱ってる店が近くにないので目分量です…(;´д`)
とりあえず、スプーン一杯を飼育水をコップですくって溶かして粉末がなくなったら
魚達に直撃しないよう水槽へ投入しました。
ハタタテダイが餌♪と思って手の周りをフワフワするので、ちょっと直撃してしまったが…(--;)

効果は取説だと2日くらい?なので明後日、魚の様子を見ながら再度投薬予定。
ちなみに硫酸銅0.8は確実に白点の幼虫は死滅しますが、やや濃度が高くて銅に弱い魚は危ないですf(^_^;
だいたい0.5~0.7くらいが安心かなーとは思いますが
我が家の水槽は銅でしょうか?…じゃなかった!
どうでしょうか?ww
銅の効果が薄れないように汚れを吸着させていた活性炭は抜き、物理濾過は底面フィルターに任せて
水質悪化によるPHが下がってしまうのを防ぐためにカキガラを投入しました。
そして現在の我が家の水槽↓



投入直後は魚達ビックリしたのか、岩影に隠れていたシボリも出てきていましたが
暫くすると、いつもと変わらず♪ってか投薬後の方がみんな元気になってる気がする…('A`)
体を震わせたり、岩に擦りつけたりする動作がなくなりました(@_@)
恐るべし銅の即効性、早く良くなってくれよー。
そして銅治療の効果をブログで記録していきます♪

オニハタタテダイ

アクアリウムやっている皆様には、お馴染みのハタタテダイ。
チョウチョウの中でも丈夫で餌付き易く、アクアショップでも幼魚が販売されていて、
ホンソメワケベラと同様、クリーニング行動をするお魚で有名ですよね★

ここ沖縄でも何処にいっても必ずいて、釣りでは餌獲りで参ってしまいます(;´д`)
特に夕方になるとヒラヒラ~スイスイ~っと水面から夕食中の群れの姿が撒き餌に群がっている姿が(--;)
そんなハタタテダイにも種類があって、沖縄では普通のハタタテダイの他に
オニハタタテダイという種類がいます。
数は少ないですがその名の通り、ハタタテダイよりデカイ!!とにかくデカイ!!
かなり大型になり名かには30cm近くになるものも(@_@)
ウキ釣りでは稀に針にかかって色んな方向へビューっと走ってくれ強い引きが味わえます(笑)
水面近くにくるともう諦めました('A`)っと落ちる凧のようにクルクル回って姿を表しますw
形はハタタテダイですが、オニハタタテダイの方が縞模様がよりハッキリして、顔にも特徴があります♪
どちらかというと顔はツノダシに近いかもしれません。



ハタタテダイとの比較♪
…写真撮るのヘタクソで見辛くてすみません(--;)
ハタタテダイより、より南国っぽさがあり是非、水槽に入れてみたい種類ではありますが
釣りで採取する生体は殆どが成魚で我が家の水槽では狭すぎるでしょうねf(^_^;
今日は珍しく少し小型が釣れたんですが、やっぱりデカイ…
いつもはもっとデカイので、このくらいなら…と迷ったんですが
後に釣れた普通のハタタテダイの成魚と横に並んだら、その大きさも一目瞭然。
やっぱり無理か…と撮影したあとは海にお帰り頂きました(ノд`)



そして水槽にはハタタテダイw
トゲチョウは昨日採取してきましたが、狭そう…(--;)
やっぱり60cmでチョウの成魚を飼うには無理かぁ~
暫く様子みてダメそうなら白点にかかってしまう前に海に帰します(ノд`)

ハリセンボンとスズメは相変わらず白点…
いくら天然海水とはいえ水槽が安定してない証拠ですね_| ̄|〇
ハリセンボンは白点にかかり易い種類でもありますし…。
次の休みに薬買ってくるから頑張ってー(;o;)
ただ、オバケインコはなんともなさそうです。
クリルももりもり食べるようになりました★

トラブル発生

水槽を再び立ち上げて、またトラブル発生…( ̄▽ ̄;)
スズメとハリセンボンにウーディニウム病と少しポツポツと白点を確認しました。
オールリセットしたのにー(;o;)
またまたグリーンfクリアーのお世話になる事に。
規定は60cm水槽に30mlだけど、残りが10ml程度しかなかったので全て投入。
たぶん、これでは量が足りないので
アイシーエイチという寄生虫をスキマーでこしとる添加剤も併用。

天然海水は塩を買うコストがかからない分、
リセットしても病気の素は必ず持ち込んでしまうのがデリメットです…。
白点はいいとして、ウーディニウムが厄介ですね(;´д`)



落ち着いてきて、水槽の透明度は格段によくなったのに(;_;)
でも、生体は元気です!!
クリルを食べてくれるようになりました★
ハリセンボンは時々プクーって膨れています(*゚д゚*)
なんか真っ正面からみていたら、ある顔文字が頭にポンっと浮かびました



(*・д・*)

これww
似てる?似てない?(笑)
横から見ると(;・д・)←こうにも見えてしまう。
もう、それが可愛くて可愛くて(*´д`*)
絶対に★にはさせたくないから、今の量薬で収まればいいけど、
念のため、次の休みに白点病のお薬買いに行ってこなきゃー

あ、今日は新たな生体を求めて釣竿もって、漁港へ旅にでますww

オバケインコハゼ

リセットから2日目、サンゴ瓦礫を洗ったので濁りが抜けきれておらず
水換えしたい衝動にかられますがー
まだバクテリアが定着してないので、次に換水する時まで我慢我慢…。
我が家の水槽は天然海水ですが飼育は人工と何ら変わりません。
海水を入れた瞬間から魚を投入出来るのがメリットなだけで…維持は人工海水と同じです。



スズメ達はまだ警戒心が強く人影を見ると岩の隙間にビューっと逃げます( ̄▽ ̄;)
顔を近づけるとこっちを向いたまま後ずさりします(笑)
そんな中、我が物顔でジーっとしているのが題名のオバケインコハゼ。
ハゼ科の種で大型になり、ハゼと名がつくので汽水域~タイドプールの砂泥域、サンゴ礁と幅広く生息しています★
長く立派なヒレを使って海底をのっしのっし歩くように移動してます(笑)
しかしまぁ、オバケインコって名前が(^^;)
顔はピョン吉みたいに目をくりっとさせて、分厚いタラコ唇が愛らしいのに…。



まだ餌は食べないけど、以前のように投入して次の日には呼吸が早くなる事はなくなったので
とりあえず一安心?あとは水槽環境に慣れてクリルを食べてくれれば…(`・ω・´)
ただ、このまま餌を食べずに★になってしまう可能性もあり
そこは魚に任せるしかないですね_| ̄|〇

名も知れない地味な色合いですが、釣りだからこそ普段アクアショップでは見られない魚を飼育できるのが
自己採取の魅力♪
特に沖縄は南国の島だけに海水魚を飼育という方は少なく
熱帯魚は各地に出荷するという地域なのでf(^_^;

とりあえず磨り潰したクリルをほんの少しあげて様子見。
スズメ達が恐る恐る出てきて、ついばんでくれてました♪
オバケインコハゼも他のハゼ同様、底の砂を濾して食事をするので
知らないうちに食べてくれてる事を祈りますー。

リセットその後

水槽リセット完了しました。
最初は簡単にーと思ったけど、病原菌を残すのは嫌だったんで、
思いきってオールリセット!!



あー、殺風景すぎる。
一応、生体はいるけど岩げに押しくらまんじゅう状態www
ちなみに我が家の生体はすべて自己採集です。
網でとるか、釣りで釣るか…。
今回新たな生体は全て釣り採集です(´゚∀゚`)

で、その肝心な生体は…無理矢理撮影したのでピンぼけ色合い悪しからず(;´д`)
まずは我が家では必ずいるクラカオスズメ



気の荒いスズメの中ではデバに続いて、比較的大人しい種類だと思います、今まで飼育してきた個人的意見ですが(汗)
他の魚に多少威嚇はすれど、かじるや追いかける、追い払うなどの行為は同種間以外では全く見たことがないです。
同種間でも体を横にして大きくみせるくらいな程度。
ダイバー等には地味といわれますがー、この淡いブルーとグリーンの色合いが個人的にはさ凄く好きです(*^o^)/
通年釣れるので私にとってはデバスズメ的な位置付けです♪

あ、奥にいる目がかぴょこっとして、ふてぶてしい奴は
オバケインコハゼと言うハゼの仲間です。
かなり地味な色だけど、カエルのような顔に羽を背負った長い尾びれがバッサバッサと存在感はあります、、、
かなり普段は底でジーっと何かを見つめていますが…。

そしてそして、今回新たに投入した生体の主役はこいつ!!



ハリセンボンのぼん太(´゚∀゚`)
こいつは釣ったんじゃなくて、港の浮いているロープ周りをフワフワしていたのを
掬わせて頂きました(笑)
沖縄ではアバサーと呼ばれ、大きなものは身をお汁にするんだけど…
こんな潤んだ瞳で見られたら食えないではないか!(´;ω;`)
まぁ元々私はアバサーは食べない派だけど…。

それにしても、くりっとした潤んだ瞳にアラレちゃんのギュイーン!並みの形したヒレなやをとも…(*゚д゚*)
しかも採集して水槽いれてから、何故かジーっと部屋を見渡している…
なんか恥ずかしいではないか(ノд`)

今度は大事大事に飼育するからねー
これから、仕事なんでまた夜にもでもかきまーす。

初ブログからの~

我が家の水槽をオールリセット…。
たぶん、白点治療で水質バランス崩れて
トリコディナに感染しっぽいか、バクテリアをいれてからの酸欠か…。

壊滅前のザッツ南国の海だったのに?
ってか、リセット中半分ライブロックになりかけた岩をだしたら
ものっっっそい!臭かった!!_| ̄|〇
隙まで何か死ん腐った?ってくらちの、悪臭(;´д`)
水槽全体に臭いはなかったよだが、しすたぶん、一番の原因はこいつで硫化水素を発生させていたんかねー

リセット中の見事に殺風景な水槽…。


そんな中でも、我が道をいくシボリのシーボはタフなんだなー
周りが酸欠状態でバタバタ★になってくるのに、
日中はいつもの岩影で寝て
夜になると水槽内を逆さまになったり、直立したり優雅に泳いでいらっちゃいました(*゚д゚*)
もう、君は相棒だね。
まぁ、今まで餌を食べる瞬間は1度も見ていないよだが…(;´д`)


こんな過酷な環境を餌を食べているのか、いないのか、わならん不思議なやつです。

リセットした水槽はまた明日かきまーす
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。