スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引越します。

Fc2はやめて、楽天ブログの方へいきます。
見てないかと思いますが、
ひっそり見てくれていた方などいましたら、

南国沖縄でアクアリウム♪

次回から、↑のブログへお願い致します。
こちらのFc2では、お世話になりましたm(_ _)m
スポンサーサイト

シュノーケルと磯採取

この前の休みに久しぶりにシュノーケルと磯採取をしてきました!!
まだまだ日差しは暑く、海も暖かかったです。
海から上がると風が肌寒く感じるくらいでした(^_^;)
海の中もすっかり秋でしたね~!!
ミジュンの大群がリーフ内にまで入ってきていて、辺り一面イワシだらけでした!!



晴れてさえいれば、問題なくシュノーケルも海水浴も出来ます。
太陽の周りにハロが出来ていました◎



潜ること4時間ほど(笑)今回の収穫です!!



ルリ、デバ、レモン、ネッタイスズメ幼魚を少々。
フィリピンスズメダイ、オウゴンニジギンポ、ニセフウライチョウ、コクテンフグという感じです。
またチョウを採ってしまったーΣ(゜ω゜)
今までのゴマチョウ、ヤリカタギと失敗しているのに…。
岩の凹みのめっちゃ採りやすい所に隠れていたから…(-_-;)

そしてコクテンフグは目の前をフガフガ泳いでいるのを素手でキャッチ…(笑)
通称、イヌフグだそうで見た目は本当にアザラシが犬の雰囲気ある、フグ好きにはたまらない人気の種類ですね。

いつもは水槽にいれられないデカイのを見かけるんですが、
なんと手の平サイズが目の前を横切ろうとしていたので、思わず捕まえてしまいました(笑)
フグは丈夫で餌付き易いけど、大きさがハンパないので中々飼育出来る種類がいないんですよね。
60cmでも飼い続けられるのは、シマキンチャクフグくらいかな。
コクテンフグはまだ慣れてないのか、岩陰から全然でてこないので、次回の写真ネタにします。





ショップでも馴染みあるオウゴンニジギンポと、幼魚はシリキやソラスズメに似る、フィリピンスズメダイという種です。
オウゴンニジギンポは、底や岩にへばりつくタイプとは違い、
常に中層や隠れ家の周りを中性浮力しながら泳いでいます。
休むときは流石にギンポ。穴や狭い所が好きのようです!!



グラデーションがきれいですね。



フィリピンスズメは、ソラスズメの色を濃くしたような感じですね。
しかし大人になると黒ずんで地味な色になります。。。
今のところ、先住民からボワられる様子なく自身も新入のためか大人しいです。
しかしこの先、立場逆転になるかもわかりませんね(^_^;)



ネッタイスズメです。
色がヤマブキと被りまくりのせいか、いつも大人しく他種には目もくれない、あのヤマブキが!!
むっちゃボワってます(^_^;)
同種ではしょっちゅう小競り合っているので、見た目も色も同じような種類は巻き込まれてしまいますね…。
ヤマブキよりネッタイの方が黄色味が強く綺麗な感じです!!

で、ニセフウライは何処行ったかというと…一晩で行方不明になりました。
_| ̄|○
輸送状態が悪かったのか、水合わせに失敗したのか…。
飼育しやすいチョウ類では人気の種類だったみたいですが、
やはり私にチョウ類は合わないようです(ToT)

今のバランスが一番?

ここ最近、シュノーケルも行ってなく新魚の追加もないので正直ネタがありません(笑)
水槽も今が一番落ち着いているのかも。
特に病気やトラブル、魚たちの喧嘩もなく平和です。
あ、サザナミハゼが一匹☆になりました。。
まぁ、こちらはペラペラで痩せてしまってたので時間の問題でしたが。



しかし、こう平和だと何か追加したい衝動にかられます…。
シュノーケルも行きたいし!!
もう9月なので初夏のように余り種類豊富には採れないと思いますが。



ルリが前よりもかなり減ってしまいましたね〜。
15匹以上いたのですが、今では10匹程度になっちゃいました。
おそらくクマノミにやられているかな(-_-;)
県産ルリは温和で他の魚たちをボロボロにするほどのイジメもなく同種でも殺し合う事もなく、
逆に他のスズメよりも弱い立場にいます。
海外産はかなりキツイ性格なのに、不思議ですね〜!!



いま、水槽にはルリ、デバ、レモン、ヒメ、シコク、ヤマブキ、クラカオ、クマノミの8種のスズメがいますが、
立場的にクマノミ>レモン>ヒメ=シコク>クラカオ>ルリ>ヤマブキ>デバという順で強いです。
ルリが下位になってるなんて、普通じゃありえないと思うでしょうが(^_^;)

ルリは水槽を鮮やかにさせるのにいるといないとでは大分違いますね。
今度シュノーケル行った時に、また捕まえてこよ〜!!



ホンソメやクマノミ、クラカオたちはすくすく成長しています。
クマノミは雄になる個体と雌のままでいそうな個体がハッキリしてきました。
片方は倍近く大きくなり、もう片方は余り成長しなくなっています。
イソギンチャクがなくても繁殖させる事が出来るみたいなので、このままペアになればそこまで出来るでしょうか~?

予想外の台風!!

予報では台風15号、沖縄本島は暴風域からそれる予想で交通機関は止まらないと思ったので、いつも通りに朝起きたらビックリ!!
暴風域に入ってバスもモノレールもまさかの運休…予想外でした(;´Д`)
慌ててタクシー会社に電話するも到着まで1時間はかかりますと言われ、
仕方なく会社に遅刻の連絡を入れ、ビショ濡れ覚悟で通勤途中でタクシーを拾いに出勤しましたが
普通に暴風でした(笑)



直撃はしなかったけど、ギリギリ暴風域に入ってしまったようです。
会社の前でタクシー降りようとしても風圧で車のドアが開かないという…(^_^;)
直撃が予報されれば休みだったのに~!!とか思いながら仕事しました…(笑)
しかし、帰る頃には台風も去っていたので良かったです。
石垣島の方は被害大きく、暫く平常通りにはいかないでしょうね~。
沖縄の台風名物?車がひっくり返る被害が凄いようです。

まもなく沖縄の台風シーズンは過ぎて、9月に入ると本土が台風シーズンになりますので、
どうかお気を付け下さい。

話は変わって以前に制作した飾りサンゴが真っ白で無機質な色だったのが少しづつ苔がつき始めて
ナチュラルな色になってきました。



魚たちも慣れて隠れ家や寝床にしています。
デバスズメ達も飾りサンゴの周りで群れるようになって、思惑通りにいってくれたようです!!



まだ全然白いのですが、苔が付き始めたのは水槽に馴染んできた証なので
ほっとけば周りのブロックと同化するでしょう!!

やはりヤリカタギはクリルとブラインシュリンプに反応していた最後の1匹も駄目だったようです…。
今度は餌付いてくれると期待大だったんですが(ToT)
チョウは餌付きやすい種類意外は我が家では無理だと、もう諦めましょうね。
そういえば、シコクスズメも2匹採ってきたのが、いつの間にか1匹だけになってる!
元気だったので全然気にしてなかったのですが、なにか病気だったかな?
それとも飛び出して水槽の裏で干されているか…(-_-;)
次回、フィルターのウール交換の時に水槽裏を調べてみよう…。

7月最終日は磯採取!!

真夏シーズン真っ只中ですが、早いもので7月も終わりますね。
1年の半分すぎてしまってます((;゚Д゚)
そんな7月を締めくくりに、磯採取へ行ってきました。
前回は台風の影響もありましたが、ここ最近は穏やかで海の中も、いつもの賑わいを取り戻していました(^-^)/



いつも大潮を狙って採取しに行っています。
前回、採取したチョウハンとシマハギが行方不明になりヒメスズメだけ生き残っています。
今回はデバ、シコクスズメ、ホンソメワケベラ、ゴマチョウの幼魚を採取できました!!
ゴマチョウはチョウハンより餌付き易いようですが、どうなるでしょうか?
採取した魚たちは近々アップします♪
幼魚とはいえ、スーパー過密すぎてヤバイです(笑)
クマノミの暴君がハンパないので、せっかく知人から頂いたのですが、海へお帰りになってもらおうと思います(-_-;)



一日ピーカンで帰りに糸満から渡嘉敷島が綺麗に見えていました。
写真見るだけでも暑い( ;´ω` A;)ダラダラ



でも、広大な海は癒されます♪
既に観光シーズンもピークに差しかかって、ビーチはどこも賑わってましたね~(^-^)/

話は変わって、入れ替えと行方不明が激しい我が家の水槽で唯一の長老?
マジリアイゴを写真ネタに↓



何度もの白点やリムフォなどを乗り越えて立派になりました。
他の魚たちを苛めないし、2匹争わずペアじゃないけどペアみたいにくっついていて
この2匹だけは大きくなっても海に放つのがおしくて居てもらっています(^_^;)



結構、大きくなってますが人馴れもしていて愛着が湧きすぎてしまってるんでしょうね。
スズメ達とは違ってゆったり泳ぐ姿が可愛いです(^q^)

しかし、かなりの爆食です。
フレーク、クリル、乾燥ワカメなど…なんでも食べます(笑)
アイゴって完全な藻食と思われがちなんですけど、雑食で釣りでも虫餌やオキアミで釣れますからねノ)゚Д゚(ヽ



餌の時間には水槽前面を右往左往して、餌くれ餌!!と言ってるように
こちらをジーッと見ながら泳ぎ回ります。

そんな姿に自分の飯よりも先に、魚たちへご飯をあげる馬鹿です(( ´ ∀ ` *))ヶラヶラ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。